Augustenstr. 49, 80333 München
089 / 215 4774 30

GDPRツールボックス

アセスメント

このツールは貴社がGDPRの基準に達しているかどうかを判断でき、貴社の現状を明確に把握できます。

  • 貴社の現状とGDPR基準との
    ギャップ分析
  • データ保護責任者(DPO)
    によるレポート
  • DPOによるフルコンサルテーション
セミナー

一般データ保護のITリテラシーや新常識について協議の場やワークショップを開催します。弊社が提供する標準フォーマットは、下記の内容になります。

  • 新規則の概要
  • 技術的解決
  • 質疑応答
DPO派遣

ある場合には、データ保護責任者(DPO)を選任する義務があります。必要とするならば、派遣し以下の内容をお手伝いします。

  • 規則に関するアドバイスと通知
  • データ保護の評価と過程を案内
  • 規則に関連した問題等の連絡窓口
  • 規則の従順を監視
GDPRクラウド

計画策定から、継続的な運用までを支援するGDPR対応クラウドソルーションズをご提供します。

  • EU一厳格なドイツ国内に
    サーバー設置
  • ISO27001認定データセンター
  • 暗号化、バックアップ、
    アクセス制限/検知、等

オンラインサービス及びご相談は日本語、英語、ドイツ語の三ヶ国語で承っております。

FAQ

• GDPR とは?

一般データ保護規則)は、2018年5月から施行される、EUにおける個人情報データの収集、処理、管理、移転に関する新たな法的枠組みの事です。これによると、例えばEU域外(日本)へのデータ移転時には、適切な方法を選択した上でデータを運用する事が義務付けられます。

• 適用対象となる企業

EU域外に本社を置く企業であっても、以下のいずれかの活動を行っている場合は、GDPR遵守義務の対象となります。

– EU加盟国に、物品/サービスを提供している。

– EU加盟国居住者の行動をトラッキングしている。

– EU加盟国内の個人から生成された何らかの

データを取り扱っている。

• 早期対応で得られるビジネスチャンス

企業規模や業務内容によっては、GDPRに適合させるために数ヶ月を要する場合もあり、早期対応が望まれます。貴社のGDPR対応状況を今一度ご確認下さい。GDPR遵守企業には、以下のようなメリットがあります。

– クライアントは、セキュリティ対策のため、GDPR未対応の企業よりもGDPRに準拠した企業との取引を優先します。

– 貴社のデータやネットワークのセキュリティが強化され、サイバー攻撃を受けにくくなります。

– GDPRは欧州経済圏(EU/EEA)全域で適用されるため、貴社の欧州進出がより容易になります。

– 義務を怠った場合の制裁金(2000万ユーロ以下、または全世界年間売上高の4%以下のうちいずれか高い方)を回避できます。