IT Sustainability

サステナブルなIT

サステナビリティは、主に思考、道徳的態度、社会的価値の問題です。

多くの問題は、主に心理的、感情的なものであるため、テクノロジーや合理的思考だけでは解決できないという事実は、遅くとも子供が井戸に落ちた時に明らかになる。残念ながら、私達は、近年、日本企業のエグゼクティブ・スイートで、マルウェアによって屈服させられ、時には数週間にわたって完全に停止させられた危機管理会議をあまりにも多く経験しました。日本のCEOや本部長の目の下にクマが出来て、会社のPCが全て使えなくなったため手を震わせながら向かいに座っていたり、私物の携帯電話でビデオ会議をしていたりすると、ITがいかに持続可能な位置にあったか、あるいはなかったかがすぐに明らかになります。

このような事態のほとんどは、比較的簡単な予防策で回避することができたはずです。しかし、グローバルに組織化されたサイバー犯罪の生態系が急速に拡大し、専門性が高まっていることを考えると、ほんの5年前にはほとんど想像もできなかったような脅威のシナリオが、今、私たちの目の前に現れているのです。ゲーム理論のモデルによると、気候変動と同様に、単純なサイバー衛生や表面的な「サイバー化粧品」ではもはや十分でない転換点が存在することが示されています。そして、持続可能で回復力のあるITの運用を行わない企業は、とにかく長い間大規模な混乱の犠牲になると考えられます。

IT における持続可能性とは、単にデータセンターを効率的に冷却し、風力や水力による「グリーン」な電力で稼働させること以上の意味を持つものです。自然保護や気候保護と同様に、ITセキュリティやデータ保護にも、特に機密性、完全性、可用性といった、具体的かつ測定可能な保護目標があります。しかし、実際には、コンプライアンス、セキュリティ、安全性が混同されたり、全て一緒にされることがよくあります。ここで、少し考えてみましょう。

 

  • バックアップがまだ残っているかどうかと、復元にかかる時間を最後に確認したのはいつですか?
  • Windows PCがランサムウェアによって暗号化された場合、(LinuxやBSDをベースにした)フォールバックインフラストラクチャを手元にありますか?
  • GDPR処理ディレクトリがどこにあるのか、2018年5月以降に改訂されたのか、それとも押し入れの中で埃をかぶっているだけなのか、ご存じですか?
  • すべてのシステム管理者が同時に病気になった場合の対策はしていますか?
  • ウイルス対策ソフトウェアがマルウェアの攻撃経路の一つであり、産業スパイに常用されていることをご存知ですか?
  • 会社から支給されたハードウェアやソフトウェアが最新でなくなったために、従業員が私物のデバイスで密かにシャドーITを実行している可能性は排除できますか?
  • カードハウスが崩壊するまで?

品質は高価ですが、品質こそが最大の節約になります。

日本とドイツが共有する品質意識こそが、持続可能なビジネスの鍵であると考えています。

ベストプラクティスを実践し、さらに適切な戦略でアプローチすれば、リスクを最小限に抑え、生産性を高めるだけでなく、このサステナブルなITを適材適所で活用することで、コスト削減や企業のCO2排出量削減を実現することができるのです。パンデミックは、出張を少なくし、ホームオフィスでも仕事ができることを教えてくれました。

 

品質は高価ですが、品質こそが最大の節約になります。

Ingo Tjaden, Executive Advisor

日本とドイツが共有する品質意識こそが、持続可能なビジネスの鍵であると考えています。

ベストプラクティスを実践し、さらに適切な戦略でアプローチすれば、リスクを最小限に抑え、生産性を高めるだけでなく、このサステナブルなITを適材適所で活用することで、コスト削減や企業のCO2排出量削減を実現することができるのです。パンデミックは、出張を少なくし、ホームオフィスでも仕事ができることを教えてくれました。