Enobyte CaRES

Enobyte CaRES about secure websites

ウェブサイトのGDPR対応状況をチェックする効率的なソリューションをお探しですか?

ウェブサイト運営者は、GDPRの他にもドイツの国内法(BDSG)、テレメディア法(TMG)、eプライバシー指令等の全ての法令に従ったウェブサイトを作成しなけばなりません。

ホームページのデータ保護を最適化したいとお考えのお客様、Enobyteにお任せください!

定期的なウェブサイトのスキャンと分析により、持続的なコンプライアンス遵守を実現します。

 

立ちはだかるGDPRの壁

欧州一般データ保護規則(GDPR)は、多くの企業にとって大きな課題となっています。取扱うデータ量、デジタルコミュニケーション、ウェブサイト、アプリケーション等、考慮しなければいけない側面の多さが、企業のGDPR対策を難しくする要因の一つでもあります。Enobyte CaRESの自動化された包括的なウェブサイトスキャンは、そうした煩わしさからお客様を解放し、効果的に対策を進めるサポートを提供します。

Enobyte CaRES のベネフィット

Enbyte CaRESは、トラッキングピクセルやウェブビーコン等クッキーに類似している技術についてもチェックを行う点で、クッキーとトラッキングにフォーカスした一般的なGDPRツールを超越しています。

Enobyte CaRES の特徴

  • 収集されるデータの分析:通常、ウェブサイトにアクセスするとIPアドレスを含む様々なデータが収集されます。ウェブサイト運営者は、収集されたIPアドレスを使ってユーザーの位置情報を特定することができ、さらにその他のデータと組み合わせることによりユーザーの詳細な行動履歴や趣味嗜好を明らかにすることができます。このようなユーザーの知らないところで第三者により勝手に行われるデータ分析を防ぎたいという目的がGDPRにはあり、その目的を達成するためにEnobyte CaRESは開発されました。
  • ウェブサイトのホスティング:ウェブサイトを開設する際、サーバの設置場所を考慮する企業はほとんどありませんが、実はユーザーがアクセスした時点で個人データの収集は始まっています。Enobyte CaRESはウェブサイトがEU域内や安全な第三国でホスティングされているのか、それとも米国等のデータ保護水準が劣る安全ではない第三国でホスティングされているのかをチェックし、視覚的なレポートで結果をお渡ししています。
  • ウェブサイトのTLS暗号化:暗号化されていないURLにアクセスすると、悪意のある第三者に通信を盗聴される危険性があります。通信に支払いデータ等の機密データが含まれていれば、そのリスクはさらに高まります。このような理由から、通信の暗号化はGDPRで厳しく規制されていますが、中にはhttpsプロトコルが使用されているにも関わらず、暗号化しないまま通信を行ってしまうURLもあります。Enobyte CaRESは、このような見落としがちなリスクも確実に検出し、お客様の抱えるリスクを低減します。
  • プラグイン、ソフトウェア、フォント、拡張機能:ウェブサイトの機能性を向上させるためによく使用されるのがプラグインです。プラグインの多くはサードパーティから提供されますが、そのサードパーティが独自の目的のためにデータを使用し、利便性のために入れたはずのプラグインがかえってデータ保護の問題を複雑かつにしてしまうケースが多いです。Enobyte CaRESは脆弱性やGDPR違反の可能性があるトラフィックを検知し、お客様をコンプライアンスへと導きます。

Enobyte CaRESが選ばれる理由

  • ウェッブサイトの包括的なスキャン
  • 視覚的で分かりやすい診断結果
  • データ保護の基礎固めが効率的にできるレポート
  • 専門家によるアフターフォロー
  • 優れた費用対効果
  • 経営者、IT担当者への推奨事項

Enobyteの強み

データ保護の会社は数多く存在しますが、法律・技術・ビジネスの全領域のノウハウを包括的に兼ね備えた専門企業はほとんどありません。20年以上のセキュアなITインフラ及びITシステム構築経験により培われた専門知識と豊富な実務経験を、お客様のために役立てたいという強い想いから、お客様のウェブサイトを確実なコンプライアンスへと導くEnobyte CaRESは誕生しました。

あなたのウェブサイトはGDPRコンプライアンスを遵守していますか?

Enobyte CaRES で効率的かつ確実な対策を始めましょう!

Start CaRES